友人との交友に出費がかさむと

友人との交友に出費がかさむと

 

友人との付き合いが多かったりすると、どうしても先立つものが少なくなって、お金を借りようと思うことがあります。
また社会人になると、先輩や上司、それに同期との飲食の機会も増え、付き合いが増えることに拍車がかかります。
 お金を借りてまでそんな付き合いをしなくてもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、最近はコミュニケーション能力を疑われてしまうと、なかなか職場でも学校でも自分自身の居場所がなくなってしまうような場合もあり、普段からの付き合いをしっかりとこなしておかないと、何かあったときに村八分にされるリスクを抱えているんです。
 でも、返せるお金がない時には無理にお金を借りてまで付き合いをしようとはしません。
あと、上司には素直に「御馳走になります」と言ってもいい時もあるんですよ。