変わりつつあるお金を借りるイメージとは?

変わりつつあるお金を借りるイメージとは?

 

お金を借りるという事は、金銭管理が下手という印象があったり、貯金がないなど、以前はあまり良いイメージを持たないのが一般的でした。
また金利が高い消費者金融などの貸金業者でキャッシングするというイメージが強いのも事実で、きちんと計画性を持って返済しないと、利息が積もりに積もるばかりで、借金生活から長い間抜け出せなくなり、仕舞いには破産せざるを得ない悪いケースの話もよく聞きます。
しかし、きちんと自分で生計を立てる能力があって、その収入範囲内で贅沢品の購入資金に充てたり、自己啓発のための出費の為なら、お金を借りる事は決して悪くありません。
また景気を良くする意味で、どんどんお金を使っていくのも、将来の経済の活性化に繋がるので、その手段としてお金を借りるのなら、徐々にポジティブなイメージに変わってくるでしょう。