投資する資金が足りない時は

最近時間があると現物で株取引をしています。

半分デイトレード、半分スイングみたいなスタイルでやっていますが、基本的にはまだまだ始めて間もない初心者レベルです。

できればもう少し資金があればと思っているのですが、今のところ使えるのは貯金していた50万ほど、せめて倍あればもう少し選択肢があるのですが、現状ではそうもいきません。

困るのは買った銘柄がすぐ動いてくれない時です。

数日で利確したいと思って買っても結果的に騰がってくれないことには手放すのも難しくなります。

動かせる額が額ですので、一つ買ってしまうと他の銘柄に回す資金が足りなくなりますし、それが原因で買いたい銘柄を買いそびれたことが何度もありました。

そんな時に限って思ったよりも高値がついたりしていつも悔しい思いをしてしまうので、もう少し資金を調達しようか迷ってしまうのです。

理想で言うなら今の資金が少しづつでも膨らんでいくことなのですが、判断が難しいところですね。

今借りてでも株の資金を増やした方がいいかもしれませんし、あくまで株取引ですのでそれで儲かる保証もありませんし。

考え方としてはもう少し今の状況で取引に慣れる方がいいようにも思うのですが、投資はタイミング一つで大きく利益が変わってくるものですので、一日も早くそういうスキルを身に付けたいものです。

株はギャンブルでは無く、あくまでギャンブル性の強い投資だと思っているので、いつか大きな資金でやってみたいものです。

もし今すぐに借りることができるなら、一千万ぐらいは簡単に投資してしまうでしょうね。

お金を借りるときのイメージ

私のお金を借りるときのイメージ・・・。

 

あまり良くはありませんね。

 

どうも、予算オーバーになるまでお金を使い込んでいると言うイメージがあるので。

 

実際自分もお金を借りるときはそうですし。

 

でも実際は違うんですよ。
元々の予算が少ないんです。
収入からあれこれあらかじめ決まっている支出を差し引いたら、ほとんど残っていなくて、これでは生活できない!と自分の生活に危機感を感じ、親にお金を借りるか?と考えるも怒られるのが目に見えているし、あれこれ考えて仕方なくお金を借りるという結末です。

 

正直このままでは行けないと思っています。

 

これは真面目な話で。
まずは余計な支出を減らすこと。

 

クレジットの明細を見ながら、いらない支出があればそれを解約して支出を減らしていく。
まずはそこから始めようかな。

 

でも中には「いつかは必要になる」と思うこともあるんですよね。

 

そこである基準を設けようと思います。
半年以上利用がないサービスは契約を解除する。
これでいきましょう。

 

とにかく借金まみれの生活はあまり良くないと思っています。
自分は鬱病を患っているのですが、鬱病にはストレスは良くなく、借金生活は非常に大きなストレスになると思っています。
本当に良くないですよね。

 

まぁ借りる相手が消費者金融じゃないだけマシと言うべきでしょうか。
消費者金融だった場合、取り立てがしつこいというか、怖いというイメージがあります。

 

実際に怖かった経験もあります。

 

とにかく今の借金を少なくする努力を始めましょう。

友人との交友に出費がかさむと

友人との付き合いが多かったりすると、どうしても先立つものが少なくなって、お金を借りようと思うことがあります。

また社会人になると、先輩や上司、それに同期との飲食の機会も増え、付き合いが増えることに拍車がかかります。

お金を借りてまでそんな付き合いをしなくてもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、最近はコミュニケーション能力を疑われてしまうと、なかなか職場 でも学校でも自分自身の居場所がなくなってしまうような場合もあり、普段からの付き合いをしっかりとこなしておかないと、何かあったときに村八分にされる リスクを抱えているんです。

でも、返せるお金がない時には無理にお金を借りてまで付き合いをしようとはしません。

あと、上司には素直に「御馳走になります」と言ってもいい時もあるんですよ。

お金を借りるなら。

お金を借りるとき、どこで借りれば良いのか考えることがあります。

大抵は大手の金融機関にローンという形で借りるのが一番なのだと思います。

金融機関でも借りる金額によっては断られてしまうかもしれませんが、もし借りることができれば、大きなりしもありませんし、返済も順調に行っていけるのだと思います。

そうした金融機関でお金を借りるためには、借りる側に返済能力がどのくらいあるのか審査されます。

金融機関も返済してもらわないと困ってしまうため、貸す時には慎重に相手の事を見ます。

そのため、アルバイトなどの収入が安定しない人には大きな金額を貸すことはできず、逆に安定した職、収入がある人にはまとまった額を貸すことができます。

自分の収入も再度確認し、金融機関で借りることが良いと思います。

お金を借りる方法について

まずは、お金を借りる方法について、考えるとき、最初に浮かぶのは親、それから、社会福祉協議会、それから、最後に、キャッシングです。

キャッシングは、クレジットカードを作るところからはじまります。

クレジットカードは、まずは、申し込みから始まります。

申し込みからはじまって、クレジットカードが届きます。

それから、それをATMに入れることで、簡単にお金を借りることができるのです。

わたしが借りたときも、あっという間に借りれました。

私はクレジットカードを5枚ほどもっていたので、それで、借りることができました。

返済は、そのときは、退職金があったので、それで返しました。

ですので、なんとかなったのです。

でも私は、そのせいでクレジットカードがブラックです。

お金を借りるということはどういうことなのか

お金を借りるというイメージはどうしても肯定的には考えられないのです。

どちらかと言えばマイナス要素が付きまとっているイメージがありアコム 学生という行為はどこか怖さもあります。

ですがお金を借りることを冷静に考え直してみると借りたら返済すれば何も問題の無い行為だとも思います。

実際に車をローンするのもそうですし家だってそうです。

払うまでは自分のものではなく借りているに近いです。

国だってそうですね借金をしてるのですからポジティブに考えれば何もお金を借りる行為も決していけないことではなく困ったときに助けてもらったり間に合わないときにお金を借りる行為は返って利用価値があり便利なシステムなんだと私は考えています。

変わりつつあるお金を借りるイメージとは?

お金を借りるという事は、金銭管理が下手という印象があったり、貯金がないなど、以前はあまり良いイメージを持たないのが一般的でした。

また金利が高い消費者金融などの貸金業者でキャッシングするというイメージが強いのも事実で、きちんと計画性を持って返済しないと、利息が積もりに積もるばかりで、借金生活から長い間抜け出せなくなり、仕舞いには破産せざるを得ない悪いケースの話もよく聞きます。

しかし、きちんと自分で生計を立てる能力があって、その収入範囲内で贅沢品の購入資金に充てたり、自己啓発のための出費の為なら、お金を借りる事は決して悪くありません。

また景気を良くする意味で、どんどんお金を使っていくのも、将来の経済の活性化に繋がるので、その手段としてお金を借りるのなら、徐々にポジティブなイメージに変わってくるでしょう。